まず信用取引とは一体なんなのでしょう

信用取引とは、証券会社に担保価値のある金融資産を差し出すことで、手持ち資産以上のお金を動かせる取引のことです。つまり、自分を信用して貰うことでお金を借りて取引出来ることから、信用取引と呼ばれています。担保として認められている金融資産は、30万円以上のキャッシュかそれに該当する国債などの信頼性が高い金融商品のいずれかを指します。もちろん無制限に手持ち資金以上のトレードが可能になるわけではありません。証券会社によって異なりますが、その額は約3倍が上限です。たとえば担保として差し出したお金が100万円なら、額面300万円までの株式を買うことが出来ます。お金を借りて取引する訳なので当然リスクは高まりますが、上手く流れに乗ることで大きな利益を短期間で得られるでしょう。

所有していない株を売却できます

信用取引は、先に述べた手持ち資金以上の額面の株を買えることの他に、現在所有していない株を売却することも可能です。これを空売りと呼びますが原理は単純で、証券会社が所有している株式を信用力で借りて売却し、後に買い戻す取引を指します。たとえば現在100万円の株をその時価で売り、90万円に下がってから買い戻すことで、差額10万円が利益となります。現金取引では、下落相場中に利益を生み出すことは困難ですが、空売りを用いればそのような相場の最中にあっても利益を生み出せるというわけです。あらゆる相場トレンドに対応出来ることは、信用取引しか持ち合せていないメリットだと言えるでしょう。

何時までも借りておくことはできません

信用取引は、証券会社から借金することで成立する取引と言えますが、当然借りたものはいつか返さなければならないのが世の道理です。その期間はルールとして定められており、制度信用においては最長6ヶ月、一般信用においては3年程度が期限になっています。制度信用とは近年の規制緩和によって生まれた新しい取引のことで、何度も売買が可能な反面、ホールド可能な期間は短く設定されています。一般信用は昔からある取引方法のことで、規制が厳しい反面長期に渡ってポジションを取り続けることができます。いずれにせよ、現金取引のように何十年も所有し続けることは無理なので、徹底したリスク管理が求められるでしょう。

信用取引最大の魅力は、僅かな手持ち資金で大きな取引が可能になることです。リスクは高まりますが、現金取引では不可能な額の利益をあげることが可能となります。