借家人賠償責任保険とは

火災保険の内、個人賠償責任保険とは加害者になってしまった場合、被害者への支払いを対象とした保険です。事故として多いのが、洗濯機の排水ホースが外れてしまって、下の階へ水漏れを起こし家財に被害を与えてしまうケースです。もちろん、こんな場合も個人賠償責任保険の使用対象となりますので損害額が保険会社から支払われるため安心です。もし、このような不安がある方は保険料は高くなってしまうものの、下りる保険金額を高めに設定した方がよいでしょう。

個人賠償責任保険とは

火災保険の内、個人賠償責任保険とは水漏れや家財、爆発によって自分の家財が被害を受けた時に使用する保険になります。こちらはもちろん、保険料が高くなるほど下りる保険金額も増えますので、自分の家財にあった保険金額を選ぶのがよいでしょう。しかしながら、クレジットカードや、有価証券等保証対象外のものもありますので、契約の際にどれが該当するのかしっかり説明を聞き、該当品は金庫等に大切に保管する必要があるでしょう。

その他にも使える火災保険

火災保険には、その他にも様々な場合に備えています。例えば、窓ガラスが熱割れという自然現象によって割れてしまった場合にもガラス交換費が下りる場合もあるでしょう。また、玄関のシリンダーが壊れたり、詰め物をされていた場合に使用出来る場合もあるでしょう。どれが使用出来て、どれが使用出来ないと明確に区分することは難しいことです。したがって、何かお困りごとが出ましたら電話して保険会社へ聞いてみることがよいかと思われます。

火災保険の保険料の料率は、保険をかける場所や建物の構造により違ってきます。過去に火災発生率が高かったり、木造など燃えやすい構造の場合、保険料率は高くなってきます。