受講料が安いですし、奨学金もあります

通信制大学には様々なメリットがありますが、最大のメリットは受講料が安いという点があげられます。全日制の大学だと年間で100万円から200万円近い受講料がかかりますが、通信制大学の場合だと20万円から50万円程度ですみます。支払い方法でも様々で一括払いから分割払いまで様々な支払い方法から選ぶ事が可能です。大学にもよりますが、大学独自の奨学金制度を導入している場合もあるのでお金の心配は必要ありませんよ。

実習指導や就職指導もしていますよ!

授業を行う科目にもよりますが、実習を行う科目も中にはあります。通信制大学でも実習にはきちんと対応しています。中には実習生の地元で実習を行う場合がありますが、その際でも大学教授や講師が実習生のふもとに行き実習指導を行います。その場合でもきちんと実習指導を行うので安心して実習を受けることができます。就職指導も行なっており、通信制大学を卒業した後に就職する場合にもきちんとした就職指導を行なっていきますよ。

様々な人生経験をきけますよ!

こちらの場合普段はレポート提出になりますが、年に一回程度大学に集まり集中講義を行います。通常の大学とは違い、通信制大学の場合だと全国各地から学生が集まってきます。過去の経歴も様々でリストラされた人や元の職業が大工の人まで様々です。そのため通信制大学の集中講義の際にはいろんな経験を聞く事ができます。大学にもよりますが、大学主催で交流会を開催する場合があります。そこに参加すれば楽しい時間が過ごせますよ。

通信制大学は卒業率が低いと言われています。その最大の理由は、数カ月に一度、実際に学校に出向くスクーリング授業が行われるからです。