無料相談も活用しておきましょう

初めて相続税に関する相談を税理士などに持ちかける際には、いきなり有料の相談サービスを利用するのではなく、無料相談サービスに対応しているか確かめましょう。30分や1時間までなら無料で相談を受け付けてくれるという、お得なサービスを用意してくれている税理士も現代では珍しくありません。初めての相談なので何を話したらい良いか分からないという人も、準備しておくべき書類などが簡単に理解できて、相談をしてみて良かったと思えることでしょう。

相続税に関する知識が豊富か調べておく

税理士といえば誰でも相続税に関する知識が豊富だという、間違ったイメージを持ったまま相談を持ちかけてしまう人も少なくありません。しかし実際には相続税に関する対応経験が、数えるほどしかない税理士も珍しくないので注意をしましょう。相続税相談に手馴れた税理士という情報が、ホームページなどに細かく記載されている事も多いです。その情報を確かめてから相談するべき相手を決めておけば、よりスムーズに相続税の問題に対処できるようになりますよ。

家族構成を正確に伝えておく事

被相続人が再婚や離婚をしていると、知らないうちに誰かが被相続人としての権利を得ている事も珍しくありません。税理士に相談を持ちかける際には、離婚暦などの正確な情報を伝えた上で、法定相続人を教えてもらう事を推奨します。誰が被相続人か分からないので、戸籍を調査するところから始めるという人も珍しくありません。依頼者が自ら戸籍調査をしているだけでは、見落としてしまう情報も多いので注意をして、まずは税理士に相談をする事から始めましょう。

相続税相談の出来る所は税務署か税理士事務所となっており、相続税の申告書の書き方など聞く事が出来ます。