得た利益にかかるはずの税金が0になるって本当!?

NISAは、「少額投資非課税制度」とも言われています。元々、ISAという制度があったのですが、それを参考にして考えられたという制度です。この制度は、満20歳以上で日本に住んでいれば利用できます。大きな特徴として、株などで得られた利益は、本来であれば20%ほどの税金がかかってくるのですが、NISAを使って投資をした場合、ある一定の条件をクリアすることによってそれが0%になり、税金がかからなくなってしまうのです。

NISAの制限などについて

NISAには一定条件で非課税になるというメリットがあるのですが、制限も存在します。それは1人1口座までしか買うことができないこと、さらには年間120万円までしか株などの金融商品を買えないということです。もう一つ重要なのは、120万円という枠はその年限りしか使えないということです。例えば、年内に10万程の金額が余ってしまった場合、翌年に繰り越そうとすることが不可能なってしまうのです。また、その期間についても、買った株を売って得た利益などが非課税になるのは、買った年を含めて5年間という制限があります。

メリット・デメリットを理解した上での活用を!

NISAを扱った多くの新しい商品も続々と出てきています。NISAにおける一番のメリットは得た利益が非課税になることですが、やはりデメリットもあります。一つ目は損益通算ができないということ、そして損失の繰り越し控除もできないということです。これは、NISAでは売買損失がないものとみなされるためです。なので、損失がでしまった時には注意が必要になってきます。間違った運用の仕方をして損する事のないようにするのはもちろんですが、NISAに対する知識や見識を深め、メリット・デメリットを理解し、より良い運用の仕方を学んでいくことが失敗しないためのコツになってくるのです。

ファンドの会社に任せることで、たとえ素人であってもスムーズに将来性のある投資先のメリットを把握できます。